« 「とりあえず」という治療 | トップページ | ホームページを作りました。 »

2006年7月23日 (日)

ただ今休日夜間当番中です

わたしが所属しております熊本市歯科医師会は、救急患者のために交代制で、休日診療と、休日夜間診療を行なっております。

本日(7月23日、現在午後9時です)が私の当番日ということで、午後6時~午後11時まで、自分の診療所に待機しております。

歯科医師会の名簿順に回ってきますので、だいたい5~6年に1回くらいの割合で回ってくるでしょうか。地元の新聞やタウン誌などにも掲載されますので、最近は結構来院があるそうです。

ただ、本日は外を見て見ますと例年にない長梅雨の影響でどしゃ降りの雨が降っております。その影響でしょうか、電話もあまりかかって来ません。今のところお2人だけ診療いたしました。

1人の方は、ブリッジの支台歯が虫歯で折れていて、そこが炎症をおこして痛みが出ていました。処置自体はすぐに済んでクスリを出しておしまいだったのですが、その歯は抜歯しなければならず、その後は保険で治療すれば、取り外し式の入れ歯にしなければならず、その旨伝えて簡単にインプラントのお話をしたところ、痛みも忘れて(?)色々ご質問を受けました。

こちらも時間が余っておりますので、じっくりカウンセリングを行なう事ができました。救急で遠くから来られていますので、多分今後、当医院の患者にはなられないと思いますが、久しぶりに思った事のほとんどをお伝えする事ができて、一種の満足感を覚えました。

日頃の診療でも、これくらいの時間をかけたカウンセリングができるとよいのですが、どうしても他の診療に追われて、半分以上はスタッフに任せてしまい、後は少し付け加えて資料を渡して、「もう一度読んでおいてください」と言う風になりがちですので、原点を見つめなおす気持ちでした。

日本の医療は、「出来高払い」と言って、何か処置をしたり、クスリを出したりしないと評価されず、医療費がいただけません。医療カウンセリングに対しては、一部評価されているとしても「すずめの涙」程度のもので、時間をかける程に赤字が大きくなってきます。中には、じっくりお話して、安心していただくだけで半分以上は治ってしまっている様な方もいらっしゃいます。

患者様とじっくり向き合って、その方の背景からじっくりお聞きして行くことが、医療の原点だと思います。今の医療はどちらかというと、簡単な問診の後は検査検査で、医者の顔の見えない医療になってしまっているという批判を受ける事があります。しかし、正直ある程度そうしないと医療の経営が成り立っていかない現実を、何とか打開する事はできないのか、そう思っているのは私だけでしょうか?

話がそれてしまいました。

さて、歯科には基本的に「急患」は無いとよく言われます。もちろん、休日や診療の時間外に症状が発生すれば急患なのですが、事故や外傷などの予知できない場合を除いては、ほとんどがその前から違和感が弱い痛みがあったり、穴が空いてしみがあったりといった、前駆症状があったはずです。

私が開業しました平成6年当時は、私のように土曜日を夜まで空けているような医院は稀でした。周りの歯科医院はほとんどが6時ないし6時半までの受付で、土曜日は当然半日、日祝日は休診というパターンでしたので、午後7時まで受付の当医院が一番遅くまで診療しており、土曜日の午後開いているのも当医院だけでした。

ところが、歯科界も厳しさを増し、回りの新規開業の医院だけでなく、既存の医院も軒並み午後8時、9時までの受付や、土曜日も当然夕方まで診療、日祝日も開いているところもできましたので、私の医院はごく平凡な診療時間になってしまいました。

その様な訳で、開業当初は緊急の場合見てもらえる施設が非常に少なかったので、私は診察券に緊急連絡先として自宅の電話番号を載せておりました。すると、やはりねんに何回かは電話が掛かって来ます。驚かれた方もいらっしゃると思いますが、その位の少ない頻度でした。

というのも、歯の痛みは確かに辛いものですが、命にかかわるような重篤になることはほとんどありませんので、1日ないし半日何らかの形で我慢すれば休日明けに朝1番で見てもらえば何とかなりますので、ほとんどの方は我慢をされて通常の診療時間に来院されます。

話を戻しますと、その年に何回か電話がかかってきて、診療室に出てきて加療した方々は(朝3じ、4時というのもありました)失礼を承知で書かせていただければ「ずっとほっといた」方ばかりでした。しかも、当然1回で終わるような状態ではありませんので、続けて来院していただくようにお願いしたにも関わらず、その後完治するまで来院された方は皆無でした。

これは何だろうと自分なりに考えて、現在は前述しましたように、急患に対応できる医院もかなり増えましたので、そちらの先生方にお願いして私は通常の診療時間内で頑張らせていただいております。

自分の健康、特に歯科に関しましては、自己責任の部分がかなり大きいと思います。前回、「とりあえず・・・」という診療に対して書きましたが、自分の健康は自分で守る、もと言えば、悪くなる前に予防でかかるくらいの意識を持っていただければ、歯科はドラマチックに変わると思います。

とりとめの無い話になってしまいました。午後11時まであと1時間半、さすがにビールを飲むわけにはいきませんので、コーヒーをすすりながら、溜まっている雑用でも整理したいと思います。

|

« 「とりあえず」という治療 | トップページ | ホームページを作りました。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ただ今休日夜間当番中です:

« 「とりあえず」という治療 | トップページ | ホームページを作りました。 »