« 低体温の弊害 | トップページ | 「とりあえず」という治療 »

2006年7月 6日 (木)

開業記念日でした

昨日7月5日は当医院の開業記念日でした。平成6年に開院致しましたので、丸12年になりました。ここまで何とか来れたのも、皆様の支えがあってのものと、感謝、感謝です。

開院した頃診ていた子ども達が、今は立派な青年や大人の女性に成長しているのを見ると、月日の流れを感じます。ついつい○○ちゃんと言ってしまって、しまったと思う事が時々あります。

自分自身はあまり変わっていないつもりなのですが、スタッフで一番若い子の両親とそんなに年が変わらないので愕然としてしまいます。確かに、自分よりも20も上の人達を思い浮かべると、はるかに年上に感じますので、今のスタッフも私の事をその様に感じているのだろうと思うと、ちょっぴり寂しさも感じます。

しかし、サミュエル・ウルマン(だったかな?)の「青春」という詩の中に、大切なのは気持ちの持ちようで、気持ちを若く保っていればいつまでも青春であるとありましたので、体のがたは、しょうがないとしても、心が老けないように元気を出していきたいと思います。

私が皆様にお返しできる事は、歯科治療を通じてしかありませんので、さらに研鑚を重ねてより良い治療を提供できますように益々精進していきたいと思います。

開院当初の気持ちをもう一度思い出して、初心に返って頑張りますので、今後ともよろしくお願いいたします。

このブログも、頑張って続けていきたいと思います。

|

« 低体温の弊害 | トップページ | 「とりあえず」という治療 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 開業記念日でした:

« 低体温の弊害 | トップページ | 「とりあえず」という治療 »