2008年3月18日 (火)

ドーピングをせずに運動能力向上 その1

*熊本センターは既に閉鎖されております。また、私も既に日本咬合学会を退会しております。そのため、丸山咬合療法は行っておりません。ご注意ください。平成25年4月

かみ合わせのずれが、様々な体調不良につながる事は、このブログを通じて何度も申し上げて来ました。本日は視点を変えて、かみ合わせを正しくすると、運動能力が向上する事について書きます。

いま、スポーツ界、特にアメリカを中心とするスポーツ界では、ステロイドなどの筋肉増強剤を主流とするドーピングが非常に大きな問題となっております。オリンピックも含めて、プロスポーツで非常に大きなお金が動いており、活躍すれば考えられないような巨額のお金を受け取る事ができるという現代事情がそうさせているのでしょう。

ただ、その様な選手達のその後を追ってみると、早死にしたり、体を壊して健康な生活を送る事がとてもできないような状況に追い込まれている人が、非常にたくさんいるようです。自分で選んだ道とは言え、やはり気の毒な気がします。

さて、私が取り組んでいる、大阪大学名誉教授の丸山剛郎先生が考案し、実践されている丸山咬合療法を行うと、タイトルにもあるように、ドーピングなどせずに、運動能力を向上させる事ができます。

下顎が体のバランスをとるのに大きな役割を果たしている事はいぜん書きました。下顎がずれると、それを補正するように首、かた、腰、膝と全身がずれてきます。ずれがあると、体を支えている筋肉は常に緊張を強いられます。つまり、言い方を変えれば疲労していく訳です。ですから、いざ運動時に力を発揮しようとしても、既に疲れている筋肉からは、100%の力を引き出すことができなくなります。

頭の重さはボーリングの玉1個分くらいあります。例えば人間の体に例えてみますと、160センチくらいの棒の先にボーリングの玉が固定してある所を想像してみて下さい。玉が棒の真上に乗っていると、最小限度の力で支えて立てておくことができます。もしこれが、前後左右どちらかに傾いているとどうでしょうか。その状態を保持するためには、かなりの持続的な力が必要になります。

下顎のずれを修正すると、体のバランスが瞬時に整います。これは、文章で読んでもなかなかピント来ないと思いますので、ぜひ1度体験していただきたいと思いますが、ほとんどの方がその変化にビックリされます。今までちょっと押されるとフラフラしていた体に、あたかも心棒が通った様に安定感が出て、少々押されても動かなくなります。

例えばこれを柔道に置き換えてみましょう。柔道は体のバランスを崩して相手を倒すスポーツです。多分、達人と呼ばれる人は、瞬時に相手の体のゆがみを読み取って、どちらに力を加えれば相手のバランスを崩す事ができるかを経験的に読み取る事ができるのでしょう。弱い方向に力を加えれば、簡単に相手を崩す事ができます。体のバランスが整えば、簡単にはバランスを崩せなくなります。また、力も出るようになります。これは後述します。

スキーのジャンプ競技の元オリンピック選手である原田選手が、自分は真っすぐ飛んでいるつもりなのに、どうしても毎回同じ方向に曲がってしまうと何かの手記に書いていたのを読んだ事があります。原田選手の顔を正面から見ると、下顎が曲がっています。(普通の方には良くわからないと思いますが、我々が専門的に見ると曲がっています)もし、丸山先生に治していただいたら、もっと活躍できたかもしれません。

その他のスポーツでも、体のバランスが大切である事は言うまでも無い事でしょう。両足で立っているにもかかわらず、目をつぶるとふらつく、あるいは立っていられない人がいます。これも極度に体のバランスが崩れている証拠です。人間が目でもある程度バランスをとっていますので、それがカットされた瞬間、元々ある体のゆがみがさらにクローズアップされてしまいます。

例えばゴルフのパッとをする時に、頭や体がふらついたらどうでしょう。良いパットはできないのではないでしょうか?実際にプゴルファーでよく名前の出る某選手もこの治療を行っています。また、K-1の有名選手も数名この治療を行っています。

今までは体のバランスについて書きましたが、もう一つ、薬や筋トレを行わなくても筋力をアップする事ができるのですが、それについては又次回書きます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年10月24日 (月)

院長日記8

ここのところ日中はまだ暑さを感じるものの、朝夕はさすがに長袖を羽織らないと寒く感じます。暦の上ではとっくに秋でしたが、現実がやっと追いついてきたようです。朝のニュースなどでも季節が数週間ずれてきていると指摘していました。確かにその様な実感がありますね。この先どうなるのでしょうか。

地球はその誕生以来、大きなサイクルで寒冷化したり温暖化したりしています。氷河期などという言葉を昔習いました。ただ、現代は、昔はなかった石油や石炭といった化石燃料の大量消費による二酸化炭素などの放出と熱の蓄積が日々行なわれています。私たちが生きている時代はなんとか持ちこたえられたとしても、後に続く子孫の代になるとどうなのでしょうか。心配になります。

昨日は穏やかな秋晴れに恵まれて、気持ちのよい1日でした。私は家族の冷たい視線を振り切って(正確には家族の視線をあびないように朝5時起きで、そっと家を出て)趣味の一つである魚釣りに出かけました。自分の楽しみの時は、目覚ましが鳴る前に目が覚めるのが不思議です。今のシーズンは何と言っても魚の王様と言われる「鯛つり」です。夜が明けると同時に漁船に乗り込んで、一路天草の海へ繰り出しました。

釣り情報誌を見ると、どれも良形の鯛が釣れており、数も出ていると書いてあるので、時間は充分あるとわかってはいるのですが、早く釣り場に着かないかなと心はあせります。後でゆっくりやればいいものを、揺れる船の中で仕掛けを作って、おかげで指を2、3箇所釣り針で刺しました。ポイントに着くと、シーズン真っ盛りのせいか、どこからこれだけ集まったのだろうと思うくらい、すごい数の船(漁船、遊魚船、個人、その他)でした。それぞれの船には複数の人がのっていますので、海の中にはどれくらいの釣り糸が下がっているのでしょうか。海の中から眺める事ができたらさぞかし面白い眺めでしょう。

さてさて釣果はといいますと、予想通りさっぱりでした。あたりがほとんどなく、最初は餌が足りないかなと思っていたのですが、充分余りました。(ちなみに生きているエビです)多分、釣れた魚を魚屋さんで買ったほうが、エサ代、仕掛け代、その他かかった費用を考えると安かったかもしれません。もちろん、絶好の天気の中、広い海の上で心の洗濯ができましたので、それはお金には代え難い物ですが。

何とか塩焼きにできるくらいの大きさの鯛を1枚釣って、納竿となりました。(もちろん他の魚も夕食に足るくらいはつれましたよ。名誉回復のために一言)丘に上がると、横の船の方が何と78センチのものを筆頭に、クーラーに入りきれないような鯛を数匹釣られていました。思わず釣れた場所を聞くと、なんと私が行った所と同じ所。エサも同じエビ。大ショックでした。「あんなに大きくなると、大味になって美味しくないだろう」とか、「運が良かったのだろう」とか、心の中で負け惜しみを言いながら、次は必ずリベンジをと心に誓い、足どりも重く帰路につきました。でも楽しかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月22日 (土)

重力に負けないために

頭の重さはボーリングの球とほぼ同じくらいの重さ(約4キロ)があります。これが首の骨の上に乗っているわけです。試しに4キロの球を棒にさして持ち上げてみればわかります。ちょうど棒の真上にあるときは、バランスがとれていてさほど重さを感じませんが、ちょっとでもずれると手元にずしっと重さがかかってきてその態勢を維持するためにはかなりの力を要します。

人体も同じ様に考えるとわかりやすいと思います。頭が脊柱の上にバランスよく乗っている時は、それを最小限の力で維持する事ができますが。どちらかに傾くと、それを支えるために、その力と拮抗する筋肉が緊張する事になります。筋肉は働くとその中に乳酸などの物質が蓄積されます。これは、時間と共に処理されてなくなるのですが、筋肉が常に緊張を強いられると、溜まりっぱなしになり、それがこりや痛み、腫れの原因となります。マッサージなどは、それを強制的に排出させる働きがありますので、そのときは良くなるのですが、原因が解決していないと症状は繰り返されます。

マッサージなどは日頃やらない運動をした後の筋肉痛などには良いと思いますが、姿勢などから来る凝りは毎日の事であり、原因を解決しないと定期的に通い続けなければならず、なおかつ完治は難しいということになります。もちろんやった後は体が軽くなると思いますので、即効性がある治療だとは思います。

前回、顎(下顎)が姿勢を保持するのに非常に関係があるというおはなしをいたしました。また、頭の骨にぶら下がっている状態ですので、簡単にずれるということもお話いたしました。

「なくて七癖」という言葉がありますが、どうでしょう。例えば、ほおづえをつく手は毎回おなじではないでしょうか。横を向いて寝る方は、枕の位置がいつも同じではないでしょうか。足を組む時、上に来る足はいつも同じではないでしょうか。物を食べるとき、いつも同じ側で食べてはいないでしょうか。テレビはいつも座る位置のどちら側にあるでしょうか。一定ではないでしょうか。などなど、ちょっとした生活習慣の中でもかみ合わせ(顎)のずれは起ります。

人間の体は、何か不都合があると残りの機能でなんとかそれを補おうとします。頭の位置がずれると、そのままでは体が倒れてしまいますのでそれを支えようと首がずれる、それを補おうと肩がずれる、さらにそれを補おうと腰がずれる、同じ様に膝、足がずれるという風に、結局体全体がゆがんでしまいます。いつもどこかの筋肉が過緊張を起こしており、それに伴う不快症状を抱え続けるという状態に陥ります。

私は構造医学というものも勉強しているのですが、その中でも顎(下顎)の大切さに触れられています。人間の祖先は重力に拮抗して立ち上がりました。チンパンジーと人間の遺伝子は、97%くらいが同じだそうです。ではその差は何かというと、直立2足歩行をするかどうかだけだと言っても言い過ぎではないようです。

私が住む熊本の阿蘇に猿回し劇場があります。そこの話を聞くと、まず教える事は2足歩行であり、それができるようになると急速に芸の覚えが良くなるそうです。人間も立ち上がった時から脳の発達が急速に進んだと考えられます。つまり、2歩足で立つということは、人間を人間たらしめていると言っても言い過ぎではないようです。重力に対して最小の力で立つ事により、その他の事に力を注ぐ事ができるわけです。続きはまた次回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月15日 (土)

不定愁訴という西洋医学の谷間

体力がない、疲れやすい、元気がない、うつなどの身体や精神の不調、頭痛、目のかすみ、鼻炎、顎関節の症状、首すじのこり、肩こり、背中の痛み、五十肩、腰痛、手足の冷え、便秘、下痢、生理不順、生理痛、不眠などのいわゆる不定愁訴、キレル、姿勢が悪い、歩き方がおかしいなどの諸症状に悩まされている患者さんは国民の30%もいると報告されています。

これらの不定愁訴は、病院などで各種の検査を行なっても異常は見られません。しかし、不快症状は持続しています。このような状態を、未だ発病していない「未病」状態と呼びます。このような未病といわれる症状こそが、あごのずれと深いかかわりがあります。

従来、このような症状を持つ患者さんは、整形外科、神経科、耳鼻科、眼科、内科、心療内科や、さらには整体、カイロプラクティック、柔道整復、鍼灸などの診療所を訪れ、種々の検査や治療を受けても治療効果が得られないだけでなく、異常はないとか原因がわからないとして放置されたり、たんに対症療法が試みられるだけであったり、疼痛をとるための薬物療法のみを受けてこられたりしたという方が大部分です。あるいは更年期障害、自律神経失調症などと診断されて、なかばあきらめるしか仕方がないと説明されたり、その病気と一生付き合わなければならないと因果を含められたりして放置されてきたというのが実情です。

丸山剛郎著 「かみ合わせを正して全身健康」の序文より

これは私がいつもかみ合わせの治療を習っている大阪大学歯学部名誉教授、丸山剛郎先生が最近出された本の序文から一部抜粋したものです。

前述されたような症状が自分にある時、歯科に行こうと考える方がどのくらいいらっしゃるでしょうか。もちろん、明らかな炎症や腫瘍などの原因が認められる場合には、それを治療する事によって完治するでしょうからお医者さんで検査等を受けられる事は大切だと思います。ところが、前述されているように、調子はずっと悪いのだけれども検査をしても何も異常値が認められず、やむを得ず原因ではなく症状をとるためだけの痛み止めなどの処方が続いたり、本人は苦しいにもかかわらず、気のせいとか、なまけグセなどと言われて片づけられることもあるようです。

丸山先生の治療を見学していると、このような西洋医学の谷間に置き去りにされたような患者さんがどんどんよくなっています。初めて見た方は、目が点になると思います。私もそのような治療が少しでもできるようになりたいと、日々研修を重ねております。ではなぜ歯を治したらその様な不定愁訴が治るのでしょうか。そのあたりをこれから何回かで解説していきたいと思います。

これらは東洋医学的な色合いが強く、まだ実験や研究でその理論的背景が明らかにされていないものがほとんどです。ですから、西洋医学的発想の強い方は嫌ったり、批判したりする傾向もありますが、大切なのは患者さんが治るというという現実です。東洋医学の針、お灸、つぼ、経絡などなど実証されていないけれども効果はあると言うものはたくさんあります。そのあたりを柔軟に考えて取り組んでいけば、より患者さんの健康や幸せにつながると思っております。健康は何物にも代えがたい財産だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年9月27日 (火)

院長日記6

9月18日から連休を利用して2泊3日で医院の慰安旅行をしてきました。かなり前から掲示はしていたのですが、20日に来院された方にはご迷惑をおかけいたしました。

当医院は2年に1回、慰安旅行を行なっています。前回は秋の北海道でしたが、今回は正反対の石垣島に行ってきました。最近は慰安旅行をする医院もめっきり減ったそうです。それは、企画してもスタッフがあまり喜ばないからだそうです。確かに1人でも渋る人がいれば、なかなか話もまとまらず、そのまま立ち消えというケースも多いでしょう。また、スタッフも多くなると、一つにまとまるというのも難しくなるのでしょう。

幸い当医院は今回も全員で楽しく旅行を満喫する事ができました。年齢層もバラバラですが、それなりにまとまっています。おかげで私も日々快適に仕事をさせていただいております。感謝!感謝!

石垣島までは福岡から直行便で約2時間、丁度良い移動時間です。国内ですので当然入出国の手続きもいらず、余計な気も使わなくて済みます。飛行機の中から見える石垣の海は、エメラルドグリーンという言葉がピッタリで、機内で歓声が上がるとともに、期待に胸が膨らみます。

今回は、クラブメッドのツアーで申し込みました。空港から専用バスで約40分、カビラ湾という所にその施設はあります。GOと呼ばれる底抜けに明るくサービス精神旺盛のスタッフが出迎えてくれます。それから日常の色々な煩わしさを忘れさせてくれる夢のような3日間が始まりました。ここは基本的にその施設内でほとんどの遊びが無料で行なえるようになっており、初めて訪れる私たちにはとても全てをこなす事はできませんでした。目の前には、プールやプライベートビーチが広がり、他の客が入って来ませんのでゆっくりと泳いだり、常設のイスでくつろいだりできます。

全て自分のペースで行なう事ができ、ゆっくりしたい人も活発に動き回りたい人も楽しめると思います。ちなみに当医院のスタッフは、初日から空中ブランコをやっていました。もちろん指導員や命綱つきで、かなり楽しかったそうです。指導員の方にキャッチしてもらえるまで行かず、悔しかったそうです。あと1回チャレンジしたかったそうですが、他のメニューが盛りだくさんで、残念ながら今回は断念したようです。

施設の中にはフロントを除いたら、ほとんど時計が見当たりません。これも非日常の世界を堪能してもらうための心配りなのでしょう。また、掃除も行き届いており、ゴミがほとんど見当たりません。このあたりは、ディズニーランドに共通するものを感じます。リピーターが多いというのも共通しているようです。ふと現実に帰って見習うところが多いと感心させられました。

私が約20年程前に大学の卒業旅行でバリのクラブメッドに行って非常に良かったので今回企画したのですが、その期待を十分に満たしてくれました。何よりも食事ごとにワインが飲み放題で、明るいうちから飲めるというのは極楽でした。夜は毎日ショーもあり、全員で歌って踊って南国の夜を満喫しました。

書き出すときりがありませんのでこのくらいにしておきます。料金は普通のツアーに比べると一見割高に感じますが、現地でほとんどお金がかかリませんので、総合的にみるとお得だと思います。ぜひ機会があれば皆様も訪れてみて下さい。日本には石垣島と札幌にあります。また、その他に世界中にありますので、自分の気に入って所にぜひ行ってみて下さい。また、その感想などもお待ちしております。

| | コメント (1) | トラックバック (1)